スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴイスー! またまたスズキ!!今度は75cm 釣ったのは現役高校生!!

ゴイスー! またまたスズキ!!今度は75cm 
  
釣ったのは現役高校生!!






凄すぎるサイズ!!出ました。

ちなみにこのサカナは某河川で釣ったのではなく船橋とか、あの変(通称・ワンオク 湾奥)らしいです!!







コピー ~ DSC05811

コピー ~ DSC05813


このお魚を釣ったスーパー高校生は流山に住む第二の自分でもあるような平成流山育ちの超ワイルドお兄ちゃんです!!

僕のように虫、サカナをこよなく愛し、様々な生体に興味を持ち、釣りが大好きな非常に貴重な、流山天然記念人なのです!!

これからの世の中はこうゆう素晴らしい人間と自然を壊さないようにして頂きたいものです!!






森林伐採・断固反対!!

河川の過剰設備!!

必要のないダム設置!!(八ツ場ダムだけではありません。)










災害による人間の災難はお金で解決したり、供養したりしていますが

自分達の生活を快適にしようとするだけの河川、森林の設備による影響はどんだけの災難が生じているか?考えたことがあるのでしょうか?


人間が台風や大水による水災害のほとんどは待機していれば命は助かること。



しかし自然界の魚介類、昆虫類、植物類の災難は何百億とゆう生物の死、人間の死と単位は全く変わらないのです。
 







とにかく、ゴミのポイ捨てはやめて自然の共に生きていきましょう!!









スポンサーサイト

みんなの坂川でスズキ(63cm)が釣れたんだってぇ~!!

こんばんわ、最近友達がつりを始めました。
その昔うちでアルバイトをしていたY口君です!矢口ではありません!!







ツーリングメンバーのM本さん、S倉さん、O貫さんがちょうど来て下さっていたその夜のことです!









トゥルルルル。

トゥルルルル。

トゥルルルル。


着信はY口君(谷口ではありません)から。

K「なんだい?」

Y口君「いや~、今坂川なんだけどすんごいサカナが釣れちゃった!!」

K「何?」

Y口「鈴木さん」

K「逃がした???」

Y口「まだいるよ。」

K「今からでかい入れ物持って行くわ~」



電話を切った自分は猛ダッシュで坂川某ポイントに向かう。

ブ~ン



そうすると怪しげな2人組みが坂川にいる。



思っていたよりでかい!!

すぐさま発砲スチロールに水を入れお持ち帰り。



玄関の水槽に入れました。



夜、仕事も終わって写真も撮って最後のお別れ、、、。






コピー ~ DSC05626
コピー ~ DSC05627

ガンっ、ガンッ!!









スズキ君を活け締めです!!






「うぉ~身がプリンセスプリンセス(プリプリ)だぁ~!!」

コピー ~ DSC05629


夜中12時半、食べました4人で!!



あらい、ムニエル、4人で堪能!!

コピー ~ DSC05631



臭くないかって?











「臭くないんですよね~」


じゃなきゃ食べませ~ん!!

















みなさん、坂川をなめたらいかんぜよ!!

ビックリが連続でしたぁ~!!

うちのブログを見ていただいている方の中で何人方がこの魚見て分かるでしょうか?

ちなみにこのお魚は江戸川で採った淡水魚です。

すぐ分かった方は☆3つです!!




このような魚がいることは誰も知らず、昔から江戸川では漁が続いていたのかな~と思うと、僕が江戸川漁師を目指していることはこの魚にとって、大変喜ばしいことだったときっとそう思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いつものように仕掛けたウナギの竹筒を見るとあれ?この魚って、、、。

ドサッ!!☆

やっぱりお前ちゃんか!!

こんなところにいつからいたんだ?


と色々話しかけてしまいました。

あっ、そうです。僕は淡水魚なら魚と話ができるんです。   本当です。

ですがこの魚は何も語ってくれませんでした。

家に帰ってくるないなや、すぐさま玄関の大きな水槽に入れました。

とても珍しい魚なので家族全員に見せました。


DSC04421.jpg

こちらの写真は僕が7歳から本格的に始めている流山でのクワガタ採集での一部報告です。

この左のノコギリクワガタで60mmあります。


世間一般ではこのサイズでも相当大きな個体だと思えると思います。

しかし右側の超BIGサイズ!!人にたとえちゃうと E・YA○AWAクラスです。

69mm、これは本当にでかいです。

歴代流山で見たノコギリクワガタでは比べ物にならないほどの大きさです。



昔の人はこう言います、、、。


「昔はこんな大きさのクワガタよくいたんだよ~。」

「いや、ホントだよぉ~」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昔の意見を否定するわけじゃありませんがこのサイズは明らかに超BIGサイズ。

正直、このサイズ採れるんなら採って来て下さい。といいたいくらい大きいです。



すみません、右側の写真は日光のトイレに貼ったあったので撮ってきました。

外国人観光客向けのイラストでしょうね~。

みなさんの2009年後半はこのスタイルで用をたしましょう。(笑)


200907161402000.jpg  200907201248000.jpg

そして2週間位前の江戸川での一枚。

拓殖大学の探検部の方々です。

上流、野田市木間ヶ瀬~東京ディズニーランドまで行くと言っていました。

あの時間にあの場所、、、。

結構難しいと思いますが、、、。

無事到着していることを願います。



200907191604000.jpg  200907191606000.jpg


しかし若いって素晴らしいと思いませんか?

でもみなさんはシーラカンスから見ればみなさんお若いのでまだまだ元気に生きて行きましょう!!

では次回の更新まで~~~~~~~


ちなみにあの魚は


「カワアナゴ」でした

今年も 「新子」 コハダの子nシーズンになりました。

大きい文字夏といえば、海だ、祭りだ、花火だ、チューブだ、サマーソニックだァー!!
ではなくて、、、。



夏が旬な御魚達


鱸・すずき  鯒・こち  などなど、、、。



その中でも飛びっきりのお魚です。


その名も新子



そうです。新しい子なのです。

小肌です。



これがまた美味いんです。 凄く旨いんです!!

もう一回言います。

凄く旨いんです!!



みてください。この半端じゃない量の「新子」

3kgオーバ-です。

DSC04413.jpg

手のひらと比べてお解りいただけますでしょうか?

身以外取り除くとアラ不思議!!  2cmくらいのお魚に、、、。
DSC04414.jpg

この作業をひたすら繰り返しです。

また鮮度を保つため少しずつ丁寧に扱います。

他の魚よりもずっとお腹が弱いんです。
DSC04415.jpg

数え切れないくらいの小肌を三枚におろし、塩を振り、酢で〆ました。

一貫握るのに4匹、5匹と使います。



今が旬の江戸前の味、とくと御試しあれ!!!!

味(アジ)は変わらないんだけれど、、、。

分かる人にはわかる、そんなお話です。

昨日の出来事です。

アジの腸やエラを取ろうかな~と思って手にしたところ

「何かいつもと違うな。」

そう一瞬で思ったのです。



写真をみて分かりますでしょうか?

DSC03323.jpg
DSC03324.jpg


そうなんです。

(写真1、2の上の個体)本来世界の全魚種9割の魚にあるような下鰭が無いのです。

生まれながらにしてなかったのか、進化の過程なのか、地球変化(海質変化)なのか分かりませんがビックリしました。



「そんなん、たいした事ないや~ん。」

そんなことを思ってしまったあなたはいつの日か地球の変化を捉えきれずに動かされていくでしょう。




とゆう偶然なのか、突然変異なのか他の生物に攻撃されたのか分かりませんが、みなさん野生の判断力を日々スキルUPしていきましょう!!

プロフィール

マーティー

Author:マーティー
270-0161

千葉県流山市鰭ヶ崎1651-1

tel. 0471-59-5168  
  
   0120-00-5168

営業時間
11:30-14:00(平日ランチタイム)
17:00-22:00

出前可

定休日:月曜日

PCメールアドレス:flstn0316@ybb.ne.jp

☆迷惑メールはお・こ・と・わ・り☆

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。